発電所から排出されるCO2が「養殖」を変える:ノルウェー政府、約1億の投資 [ #cbajp ]

Cloud News Japan

ノルウェーの技術者らは、発電所の煙突から排出される二酸化炭素のある利用法を実験している。魚に与える餌の製造に利用しようというのだ。近年、二酸化炭素回収技術は急速に発展しているが、これによって得られる二酸化炭素は通常、広大な地下室に送り込まれる。だが、ノルウェーの水産食品会社各社を中心に構成されたコンソーシアムは、二酸化炭素を利用して、藻類からオメガ3脂肪酸を生産できると考えている。

http://wired.jp/2014/08/06/fishfood/

元の投稿を表示

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中