目の動きから「集中力の途切れ」を検知するシステム:米大学研究者が開発 [ #cbajp ]

Cloud News Japan

デンマークのオールボーで7月中旬に行われたカンファレンス「UMAP 2014」で、人が集中力を失ってぼうっとすると、それをリアルタイムで自律的に検知するシステムが発表された。インディアナ州にあるノートルダム大学と、テネシー州にあるメンフィス大学の研究者らは、画面を見つめる目の動きを追跡し、集中を失ったら検知できるシステムを開発した。この追跡装置は、目の動き、単語への視線、視線がディスプレイを横切るパターンなどを監視して、判断することができる。

http://wired.jp/2014/08/13/mind-wandering/

元の投稿を表示

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中