iPhone 6 and 6 Plus crush rivals in performance tests despite dual-core CPU

BGR

As smartphones have grown more complex and powerful over the past couple of years, quad-core processors have become the standard. Quad-core clockspeeds have climbed to 2.5GHz and beyond, and some new smartphones even feature eight processor cores. Supporting these beastly processors is often either 2GB or 3GB of RAM, thus ensuring plenty of available memory on a smartphone for whatever tasks users might throw at them.

Meanwhile, Apple’s brand new iPhone 6 and iPhone 6 Plus features a “disappointing” dual-core Apple A8 processor and “just” 1GB of RAM. But guess what… it turns out that those seemingly puny specs just crushed quad-core and octa-core rival smartphones in a number of key performance tests carried out by the world’s leading blog when it comes to technical gadget analyses.

元の投稿を表示 さらに157語

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中