このロボットは、ワイン評論家より確かなテイスティングをする [ #cbajp ]

Cloud News Japan

ロボットが、ワイン評論家のすてきな仕事を奪うかもしれない。デンマークの研究者グループは、高価なワインが安物より本当においしいかどうかを確かめるために、人工の舌を作った。最初にACS Nanoで発表されたこの研究は、表面プラズモン共鳴(SPR)に基づく光学ナノセンサーを使って、ワインの辛さによる感覚を人がどう体験しているかを認識できると主張している。

http://jp.techcrunch.com/2014/09/23/20140922this-robot-tastes-better-than-a-wine-critic/

元の投稿を表示

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中