How to fix Yosemite’s Wi-Fi bugs, which are still present in OS X 10.10.1

BGR

Some Mac users who updated their devices to OS X Yosemite soon discovered certain Wi-Fi connectivity and performance issues, which Apple acknowledged and tried to address in the recent OS X 10.10.1 update. However, the Wi-Fi issues did not go away for all affected users, and some people still experience a sub-par Wi-Fi.

Luckily for them, OS X Daily, which has provided some tips for the initial Yosemite Wi-Fi issues, has put together a quick troubleshooting post that could help people fix their problems following the OS X 10.10.1 update.

元の投稿を表示 さらに169語

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中