Uber Will Add Panic Button And Location/Journey Sharing In India On February 11

パニックボタンを押しても現場にすぐ警官とかが到着するとは限らない。
あまり意味がないんだよね。
それに車のイグニションと連動していたら、動作しないだろうし。
結局違うシステムを導入しないといけない。
警官だって信用できない国だぜ。

TechCrunch

Late last year, Uber announced plans for tighter safety measures in India following the rape of a passenger using its service in December. Now it has confirmed that two major features — an in-app panic button and journey/location sharing — will roll out to users in India on February 11

The company went public with the launch date after Times Of India reported that the Mumbai transportation department was considering a ban on its service over its apparent approach to safety. Authorities are reportedly “not happy with Uber representatives’ responses during various meetings held to consider measures for passengers’ safety.”

Uber cleared the air on its plans to settle “some misconceptions” around its safety policy — which already includes more stringent background checks and a dedicated emergency response team. That will be boosted when the in-app panic button, which alerts local police when triggered, and a ‘safety net’ feature, which goes beyond Uber’s existing ‘share my ETA’ feature…

元の投稿を表示 さらに296語

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中