Parallella とスパコン再考

技術は近くなりにけり

Parallella-I 16

アメリカの Adaptiva 社が開発した Parallella board は、16 個(または64個)のコアを有する名刺サイズのボードであり、スーパーコンピュータで行われるような物理シュミレーション、データ解析に向いた製品である。元々この Parallella は、Adaptiva 社の CEO である Andreas Olofsson 氏がオープンソース・プロジェクトとして開始したものであり、kickstarter でも出資を募っていた。このボードは、日本ではRSコンポーネンツ社が販売を開始しており、”クレジットカードサイズの「スーパーコンピュータ」”という文句で売り出している。本日は、そもそもスーパーコンピュータとは何か?というところを押さえた上で、Parallella の魅力に迫りたいと思う。

元の投稿を表示 さらに299語

広告

Parallella とスパコン再考」への2件のフィードバック

  1. リブログありがとうございました。ブログを始めてから間もないため、リブログして頂いたのが初めてでした。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中