片道切符回避か!?火星の土壌で酸素や微生物を繁殖できる事が判明!

嬉しいね・・・ってなにが?w
火星まで行くにはやはり片道キップだわ。
たとえ酸素が作れたとしても、そこから戻ってくるには、ものすごい時間と食料も必要で、ロケットを発射させるにも、それだけのペイロードがあるなら、発射台も必要となってくるだろう。

行くときは「さらば〜地球よ〜♪」と歌いながら行くのか、最初からクライオでコールドスリープ状態で行くのか、これも課題だが、面白いかも。

ちなみに今、私が一番行ってみたいところは、月面だ。

Ganbag

biseibutu
さて、火星に何十年後かに行くことが可能になるとしてそこでどうやって生活していくのでしょうか。もちろん火星といえば地球で言う砂漠地帯のような荒野であり、酸素も薄くとても生身で生活できる環境ではありません。しかしNASAは火星を植民地化させ、酸素や微生物を繁殖させる事ができると判断しているようです。その結果火星に住むことが可能となるのです。
続きを読む

cc_by-nd

from 秒刊SUNDAY | 最新の面白ニュースサイト http://ift.tt/1R9A9iK

元の投稿を表示

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中