そろそろNTTも終焉だと思っていたけど、やはりか

NTTがADSLをやめる時期が来たようだ。
ADSLはそもそもメタル回線で提供している。
そのメタル回線の維持が難しいことも事実だ。
インフラを光にしたいはず。

そもそも、これはソフバンの孫会長がNTTと役人と喧嘩して今のメタル回線の問題をナンとかして運営コストを下げろと言う議論をUstreamでやっていたな。当時の民主党鳩山内閣の時に原口一博総務大臣とタイアップして色々とNTTと解体に注文をつけてきた時代もあった。

ソフトバンクはADSLルータをYahoo BBで無料で配った。
そして高いNTT回線を間借りしていた。
懷かしい時代だった。

そもそもメタル回線は定期的に銅線を交換しないといけない。
今では、交換必要ないと言われていた光ケーブルだって交換しないといけないのも事実だよ。
メタル回線の交換の時は、バックアップが作っていたけど、光は確実に回線を止めているから緊急時に使えないのも事実だ。

それは置いといて、そろそろNTTはADSLをフェードアウトさせたいようだ。
光ファイバーがここまで張り巡らされている日本、距離に依存するADSLの意味が全くなくなった。
1998年くらいにADSLを導入しようとか言うのを覚えている。
あれは小泉内閣の時だ。うちは局から3キロ以上も離れていて、ADSLは減衰しすぎて使い物にならなかった。下り線が10Mbpsどころか300Kbpsくらいしか出なかったのも覚えている。

http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20150731_714512.html

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中