電子書籍に費やす対価を調べてみたら、なんと 日本が1位だった! それを示す1枚のチャート

確信はありませんが、電子書籍は日本の場合、単行本とあまり値差がないのと、マンガと言う最強コンテンツがあるからかも。

端末は未だに乱立しているけど、KindleとKoboに統一されつつある。
他のメーカーの電子ブックリーダーは全滅と言ってもいいくらい。
アメリカではKindle、Nook、Kobo以外はほとんど全滅。

Agile Cat --- in the cloud

Japanese readers spend the most on electronic books
Matt Rosoff – Aug 4, 2015
 
_ Business Insider
 
Electronic books are gradually taking the place of print editions, but they’re more popular in some parts of the world than others.
 
電子書籍は、徐々にではあるが、従来からの紙の書籍を置き換えている。 そして、そのスピードはというと、それぞれの国ごとに千差万別という状況である。
 
Digital Readers
 
According to research by Statista, Japanese readers will spend the most on electronic editions in 2015 — an average of $US86.50. U.K. readers will follow closely, with U.S. readers somewhere down the middle, spending an average of $US46 this year. Chinese readers will spend an average of only $US4.30 this year on electronic editions.
 
Statista の 2015年に関する調査によると、Japan の読書家たちが、電子版の購入に最大の費用を計上している。 その1人あたりの支出は $ US 86.50 である。そして、Japan と僅差で、U.K の読者家たちが2位につけているが、U.S. は中団に埋もれている。また、China の読者家たちは、電子版の書籍に $ US 4.30 を費やしている。
 
ーーーーー
research_55先日も、Amazon と、紀伊國屋と、いくつかの出版社の間で、かなりモメていましたが、こんなにも日本における電子書籍の消費量が大きいとは思っていませんでした。 再販制度という制約がある中で、ここまで成長しているのですから、そのタガが外れれば、さらに電子書籍は伸びるのでしょうね。 ついでに、新聞もそうして、テレビやモバイルなどの電波には、オークション制度を導入したら良いと思います。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
 

元の投稿を表示

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中