明石家さんま 父親の葬儀で起きた大爆笑を語る「親父怒ってると思うわ」

私見ですが、これはとっても素晴らしいことだと思います。
葬儀はしめやかにって言うイメージがありますが、実際に悲しみだけでは故人はあの世へ行ってどう思うか。

葬祭業を営む中で、たしかにお別れは悲しいですけど、亡くなった人の良い思い出や楽しいエピソードを以って送るのも悪くないかと。
しかし、故人ではなく、喪主がウケてしまうのも・・・

さんまさんらしいと言うのか。
ちなみに、関東ではお通夜のあとに会葬者へ振る舞う風習があります。
この時はやはり皆さん、故人の良き思い出話で花が咲きます。
そして、地域によってはご葬儀の前でも振る舞う場所もあります。
早めに会葬に来られた弔問客をもてなす心です。
この場でも、故人の思い出話で笑いが出ることもしばしば。

寂しさだけが葬儀ではないと、つくづく思います。

Ganbag


17日放送のラジオ放送「ヤングタウン土曜日」(MBSラジオ)で、明石家さんまが、父親の葬儀で起きた爆笑エピソードを明かした。この日の番組では、村上ジョージがさんまについてパーティーなど人が集まるとつい盛り上げてしまう性格だと話し、「お葬式でも結構、盛り上げるタイプですよね?」と本人に話を振った。さんまは、何かを思い出すように笑うと「あれは間寛平さんが悪いねん!」と話し、父親の葬儀で起きたハプニングを語り始めた。さんまによると、間は葬儀の知らせを受ける 全文
トピックニュース10月19日 07時00分

cc_by-nd

from ライブドアニュース – トピックニュース http://ift.tt/1Gl0kBy

元の投稿を表示

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中