従業員は最低人数でオケ

Students at MIT invent a robotic kitchen that may revolutionize fast food – http://wp.me/p6vBpK-6g

ってな訳には行かない


しかし、ここは面白いことで、今ある技術を少しアレンジすれば意外と使えるものがある。

リンガーハットのチャーハン作る、あの回転釜みたいのを利用してるところを見たら、チャーハンだけじゃなく、肉料理だって。

釜の中がコーティングされてるからさっと拭けば次の料理にも使える。
いや、拭かなくてもいいのかも!
同じプレートに乗せる次の素材に味が染み込むから。味がくどくなるのは別にして。

さらにここにサイゼリヤ方式を取り入れたら効率の良く、多くの料理を提供できる様になる。あとは、どこまで、無駄な仕入れをなくすか。

それなら、一品のアレンジメントで勝負。
そして、毎週そのメインの品を変えればいい。
魚なら鯛、鯖、鮪、鰈、鱧、鱈、鮭など無数にある。
肉なら今週はサーロイン、次はロースなど。
野菜なら流行りの有機野菜のナニナニとかの料理。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中