ビートたけしが終末期医療に疑問「年取って生きる理由がどこにある」 — Ganbag

生きているのではなく、
下手したら無理やり生かされている
それも医療現場に

法改正が必要だとつくづく思う

30日放送の「ビートたけしのTVタックル」(テレビ朝日系)で、ビートたけしが、終末期医療に対する疑問を口にした。番組では、高齢者をめぐる医療の現場で起こっている問題を取り上げ、出演者が意見を交わしていた。番組終了間際、たけしは、物理学者のアルベルト・アインシュタインが70歳を迎えた際、医療施設への入院を勧められるも、「僕はこれ以上生きる意味がない」と言い放ったエピソードを紹介。たけしは続けて、「そうなると、年取って生きなきゃいけない理由がどこにあるんだ 全文トピックニュース 10月30日 16時03分 from ライブドアニュース – トピックニュース http://ift.tt/2f0iNc3

via ビートたけしが終末期医療に疑問「年取って生きる理由がどこにある」 — Ganbag

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中