そもそも寿司屋へ行ってなぜ牛丼?

【激怒】くら寿司の牛丼は本当に牛丼を超えているのか? 吉野家・松屋・すき家と食べ比べてみた → 吉野家に謝れッ!! — ロケットニュース24

言いたいことはわかるよ。
しかし、回転寿司屋に行って、寿司食わずにサブメニューの牛丼を食うって悲しくないか?
寿司屋も色んなモノを回している時代だがな・・・
それなら、おカネを回してみてくれ。
100円の皿に50円とかを乗せてみたらどうかな? www

大手回転寿司チェーンのくら寿司は、2016年11月4日から牛丼(370円)の販売を開始した。おそれ多くも、「牛丼を超えた、『牛丼』」と銘打って販売開始したのだ。これは大手牛丼チェーンへの宣戦布告といっても過言ではないだろう。 実際に食べてみたところ、完全に言い過ぎであると思ったのだが、そこまで言うなら確かめるしかない。ということで、吉野家・松屋・すき家の大手3社の牛丼と食べ比べてみた。 ・吉野家に謝れ 先に結論から言おう、「吉野家に謝れ」と。当編集部のメンバー6人で食べ比べてみたところ、1人を除いて5人が、吉野家が一番ウマいという結論に至った。したがって、くら寿司の牛丼は、牛丼を超えていない。むしろ、吉野家の牛丼以下である。 とはいえ、もちろん評価できる点もある。まず、魚介だしを使用したことで、これまでの牛丼業界の常識を打ち破ろうとした。それはある意味「牛丼を超えた」部分であるかもしれない。ただ、回転寿司チェーンのサブメニュー風情が、牛丼1本で勝負しているチェーンに太刀打ちできるはずがない。したがって、「牛丼を超える」は完全に言い過ぎだった。 ・食べ比べの感想 それを踏まえて、編集部メンバーの感想は以下の通りだ。 佐藤 「1番はどう考えても吉野家。牛丼に対する熱意と思いが伝わってくる味がする。牛丼とはどうあるべきか? を問い続けてきた結果ではないかとさえ思う。くら寿司は甘すぎて、吉野家を食べたあとだと、食えない」 羽鳥 「一番うまいのは吉野家。いつもの味。これこれ。くら寿司は甘すぎて論外。論外すぎる。いくらなんでも甘すぎる。スイーツかよってくらい甘い。凍らせたらケーキになるのかよってくらい甘い。喝だ」 サンジュン 「くら寿司だけジャンルが違う。甘みが群を抜いている。決して美味しくないわけではないが、純粋な肉の味なら、吉野家・すき家・松屋の順番。くら寿司は甘みが強く、肉のあじを誤魔化していると言えなくもない。少なくとも牛丼を超えてはないかな」 中澤 「1番は吉野家。くら寿司の牛丼は米がおいしく、タレが甘辛いのも好き。タレとご飯だけで食べたら一番ウマいかもしれない。ただ、吉野家は肉と玉ねぎの味も含めた全てのバランス感が抜群だった。くら寿司の後に食べた時『これぞ牛丼』と思わされた」 Yoshio 「1位は吉野家で、牛肉の味付けのバランスがちょうどいい。甘くもなくしょっぱくもなく……。一方、くら寿司の牛丼は、甘い! すき焼きのように甘い! ただ、さすが寿司屋ということもあってご飯は美味い!」 じゅんくん 「くら寿司は今まで食べた牛丼の中で1番甘口かもしれない。私は甘口のすきやきなどが好きなので、好みの味。また食べたい。他の牛丼と比べると米が1番美味しかった。吉野家は王道の牛丼という感じ。ただ、くら寿司の甘口牛丼を食べたあとに食べると味が弱い気がした」 ・挑戦は素晴らしい くら寿司の挑戦はいつも革新的である。回転寿司が寿司を食うだけの場所ではないことにしてきた、その努力は素晴らしい。そして回転寿司業界に活気をもたらしていることに間違いはないだろう。ただ、今回はちょっと調子こいたのかな? と思わざるを得ない。 Report:佐藤英典 Photo:Rocketnews24

via 【激怒】くら寿司の牛丼は本当に牛丼を超えているのか? 吉野家・松屋・すき家と食べ比べてみた → 吉野家に謝れッ!! — ロケットニュース24

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中