欲しい!w

Google Homeは欲しいけど体裁よりは費用節約が重要、という人は、Raspberry Piの公式雑誌MagPiの最新号を見よう。この雑誌にはときどき付録があるけど、今回のは最高だ。それはRaspberry PiとGoogleが共作したキットで、Google Assistant SDKとGoogle Cloud Speech APIでなにかやってみたい人のための、必要なハードウェアをすべて揃えている。 Raspberry Pi 3だけは自前だが、それは大した費用ではない。付録の内容は、ボール紙製のケースとスピーカー、マイクロフォンと必要部品一式、そして音声入力のために使う大きな(アーケードゲームのような)ボタンだ。音声による起動が完全にパッシブ(受け身)であることがHomeの利点だが、このDIYキットは自由にカスタマイズできるから、どんな機能でも実現できる。 これで、多くの人びとにとって、Google HomeとGoogle Assistantで何かを作ることが、一挙に楽しくなるだろう。Googleは最近AssistantのAPIをハードウェアメーカーに公開したから、そのフォローアップの意味もあるのだろうね。 [原文へ] (翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

via このGoogle HomeのDIYキットはRaspberry Piとボール紙でできた魔法のボックス — TechCrunch Japan

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中