カテゴリー別アーカイブ:

ベジータかよ!宇宙の「塵」になれるサービスが開始される!ただし! — Ganbag

まぁ、成層圏だから人工衛星などの軌道には邪魔にならないから大丈夫。
お墓を買うより安いけど、すべての骨を捨て(じゃなかった)撒くことは出来ないのは承知してね。
たぶん、1g程度だから、残りはどこかで処分してね。

人生は80年、長くても100年という短い時間となっております。宇宙の歴史からしてみれば、100年なんてほんの一瞬であり、その一瞬のために切磋琢磨している我々は何のためにそれをしているのだろう?と時々疑問におもうこともあるわけですが、人生の最後ぐらいは美しく散りたいものです。と言うことでこのようなサービスがあるようです。 続きを読む from 秒刊SUNDAY | ネットで話題の面白ニュースサイト http://ift.tt/2y7UNyn

via ベジータかよ!宇宙の「塵」になれるサービスが開始される!ただし! — Ganbag

広告

物議を醸す話題「自死の権利」

https://plus.google.com/u/0/b/116181120778249759200/+BBCNews/posts/h7SqR4mQsx2

このブログで書いていいのか (Ring of Chigasaki→TumblrとGoogle+に拡散)・・・しかし書いておく。
何故なら物議を醸すブログでもあるから。
本当ならマジメの igon4uゆいごん.みんな に書き残すべきかも。

hall-1-3-600dpi-e1500598846366.jpg

カナダだけではなく、スイスなども苦痛によりQoLを維持できない場合、医師と司法が認めた場合、死ぬ権利を与える。つまり、”put out of misery” と英語で言って、日本語では「武士の情け」とも言える。

続きを読む

葬祭大学

San Francisco College of Mortuary Science: The “Ivy League for Death”
http://wp.me/p5Qlcf-9h

日本では、サンライフさんが音頭を取って平塚市八重咲町7-30で経営している葬儀学校のヒューマンセレモニーアカデミーがある。

余談だが、私がこの住所を頭の中に入っているのは、当時、葬儀式場だったころ、うちのスペース平塚の斎場で私が所長でもあったからだ。

今、ここは葬儀のイロハをしっかり教えるが、生物学や人体に関しては日本では必要とされないから上辺だけをサラッと流すだけ。そこは専門医がいるのと、葬儀社は医学を学ぶ必要ないからだ。

必要とされないから、日本では役に立たないので教えても無駄である。

そして、修復士のエンバーマーになる人は本当に少ない。
医者ですら修復しない。
それは、遺体だからだ。
生き返ることはない。
専門外でもある。
整形外科医ならともかく、しかし、遺体だからだ。

米国は人体だけではなく、病原菌や感染症、さらに血管の違いなどを教える。
歯科が解剖学を学ぶのと同じだ。

しかし、どこの現場も遺体不足で悩まされる。日本はとくに。
解消はされないだろうな。
課題がたくさんある。
書ききれない。